悟空の紹介

社員が楽しいと思える会社づくりをめざしています。

悟空の制度の多くは社員のアイディア。社員一人ひとりが、考えて行動できるからこそ導入できるものです。

少数精鋭であるからこそ、自分たちの働く環境を変えていけることが弊社の魅力です。

フレックスタイム制度

フレックスタイム制

フレックスタイム制は社員一人ひとりが自分のやるべきことを理解し、行動がとれるからこそ導入できる制度です。

8時00分~11時00分の間に勤務を開始します。

「今日の夜は予定があるから、8時に出勤しよう」「朝が弱いから11時に出勤して夜頑張ろう」など自分にあった働き方が出来ます。

自宅勤務制度

自宅勤務制度制

やむを得ない理由がある場合のみ、出社せずに自宅のパソコンで仕事をすることが出来ます。

「家族の体調が悪いので、自宅で看病したい」「体調が悪いが仕事出来ないほどではない」などの場合に利用出来ます。

相手の顔が見えない分、サボろうと思えばサボれてしまいます。だからこそ信頼関係・各自のモラルに基づく制度です。

スキルアップ応援制度

スキルアップ応援制度

専門書・技術書の購入費やセミナー代などスキルアップに必要な費用を会社が全額支給します。

この制度を利用して英会話を習っている社員もいます。

ランチトーク制度

ランチトーク制度

週1回社員同士でランチに行きます。

問題の早期発見や解決、社風向上が目的です。ランチ代は全額支給されます。

カップ麺や菓子パンではなく、きちんとした食事ができることもメリットの一つです。

MacBookPro・iPadPro支給制度

MacBookPro・iPadPro支給制度

業務で使うMacBookPro・iPadProは全て支給されます。

仕事や勉強のために自宅に持ち帰って頂いても結構です。
※退職時には返却して頂きます

家族ありがとう手当

家族ありがとう手当

日頃お世話になっている家族への手当です。

扶養・被扶養に関わらず家庭内で支えてくれる家族へ、という意味で毎月1万円が支給されます。

賞与

賞与

年に2回、賞与が支給されます。

入社して1回目の賞与はなし、2回目の賞与は寸志、3回目の賞与は1ヶ月分、4回目の賞与から2ヶ月分となります。

年1回の昇給

チャットでのやり取り

毎年1月に9,600円の昇給が決まっています。

何歳にはいくら位もらえているかが明確になり、将来に対する不安を拭い将来設計をしやすくしています。

スマホ手当制度

チャットでのやり取り

仕事でスマホを活用することが多々あります。
そのため、月々6,000円のスマホ手当が支給されます。

有給消化率

チャットでのやり取り

弊社は有給消化率100%です。
自分でスケジュールを調整すればいつでも有給を取ることができます。長期で有給を取り、海外旅行へ行った社員もいます。

半休制度

チャットでのやり取り

有給を0.5日消費して、実働時間4時間(8時〜20時の間)の半休が取れます。
午前中に市役所などで用事を済ませて、午後から出社…ということも可能です。

社員の年齢層

チャットでのやり取り

20代の社員たちが働く、比較的若い会社です。

チャットでのやり取り

チャットでのやり取り

基本的には内部スタッフ、外部スタッフ共にチャットツールでやり取りをします。ですがデスクに座ったまま口頭で相談をすることもあります。

作業環境

チャットでのやり取り

広い机にモニターを設置し、デュアルディスプレイで作業します。

支給されたiPadProを4台目のモニターとして使うことも可能です。

悟空の歴史

2012年
(平成24年)
12月
スマホ手当導入
2013年
(平成25年)
4月
スキルアップ応援制度、自宅勤務制度導入
2014年
(平成26年)
4月
基本給アップ
2015年
(平成27年)
2月
MacBookProの支給制度、ランチトーク制度、フレックスタイム制度導入
6月
賞与制度の導入(業績に応じる)
2016年
(平成28年)
2月
祝日を休日に変更、交通費の上限をアップ
5月
市内へ事務所移転、住宅手当・引っ越し補助金制度の導入
6月
賞与アップ(年2回。各1ヶ月分※新入社員の場合、初めは寸志)
10月
iPadProの支給制度導入
11月
賞与アップ(年2回。各2ヶ月分※新入社員の場合、初めは寸志)詳しくはこちら
2017年
(平成29年)
1月
基本給アップ、半休制度導入
10月
住宅手当廃止、家族ありがとう手当導入

社員一人ひとりの頑張りから毎年売上が上がっています。

弊社では会社の成長とともに社員の待遇をより良くしていきます。このような取り組みをしているのも、弊社の魅力です。